統括DMAT研修プログラム


日本DMAT隊員の医師であり都道府県の推薦を得て受講することができます。
統括DMAT登録者とは、厚生労働省が実施する統括DMAT研修を修了し、厚生労働省に登録された隊員(医師)で、通常時はDMATの訓練、DMATに関する研修、都道府県の災害医療体制に関する助言等を行う。
統括DMAT登録者は、災害時に、各DMAT本部の責任者として活動する資格を有する。
(DMAT活動要領より抜粋)

1日目 
オリエンテーション
開会式
講義1「統括DMAT登録者とその活動」
講義2「組織論」
講義3「DMAT運用戦略」
講義4「医療と消防との連携」
講義5「情報伝達手段」
講義6「局地災害(机上シュミレーション)」
講義7「実習 EMIS訓練」
講義8-1「事例検討:SCU」
講義8-2「事例検討:新潟県中越沖地震」
講義8-3「事例検討:現場」
講義8-4「事例検討:岩手・宮城内陸地震」
講義9「災害時におけるドクターヘリ活用」
講義10「マスコミ対応」
講義11「厚生労働省の対応」
講義12「都道府県の災害医療体制」
 

2日目 
講義13「広域災害・机上シュミレーション」
講義14「広域災害・演習」
(グループごとに1ブース30分演習)
 @DMAT現場活動指揮所
 ADMAT病院支援指揮所
 BDMAT活動拠点本部T
 CDMAT活動拠点本部U
 DDMAT都道府県調整本部
 E域内搬送調整
 FDMAT域外活動拠点本部
 GDMAT・SCU本部
講義15「ApathyとNetwork Centric Operation」
講義16「統括DMAT登録者の平時の役割」

閉会式
 


HOME


Copyright(C) 2010  DMAT事務局 All Rights Reserved.